アンチエイジングの化粧水~美容品で若々しい美容のススメ~

美容

製品を見つける

緑内障治療薬から偶然みつかった成分

まつげ美容液は、海外メーカー、国内メーカーともにさまざまな種類のものが出回っています。どれも評価が高く、どれにしたらいいのか迷ってしまうほどです。どんなに効果の高い成分でも、化粧品と同じで人によって合う合わないがあります。いくつか試してみて、自分に合うものを見つけてください。 まずは始めに紹介するのは、まつげ美容液ブームの火付け役となった緑内障治療薬から生まれたタイプの美容液です。これは、アメリカで緑内障治療薬を投与した患者の多くが、まつ毛が伸びたことから、その成分をさらに研究開発して作られたものです。いわば臨床試験同様のテストを行っていますので、効果は絶大です。医師の処方箋があれば購入できます。もしくは個人輸入できます。

コストパフォーマンスの高い国内製品

上記の製品は効果も高いのですが、値段もそれなりに高いです。今はジェネリック版も登場していますので、探すと安いものも見つかるかもしれません。メーカーによりますが1本だいたい1か月分で数千円のものから1万円程度するものまであります。 国内メーカーからもまつげ美容液は発売されています。育毛メーカーが開発したものです。頭髪の伸びる仕組みを研究開発しているメーカーだけあって、その効果は高いようです。こちらは医薬品扱いではありませんので、買いやすく値段も安いようです。1本千円台からあります。 これらのまつげ美容液の効果がでるのは、早くて2週間目あたりです。1度の塗布で伸びるわけではありません。しかしだんだんと伸びることを実感できるようです。2か月使用すれば、確実にまつげが伸びることを実感できるようです。