アンチエイジングの化粧水~美容品で若々しい美容のススメ~

美容

エイジングにいい効果

どのような成分がアプローチするか

肌のたるみは、保湿成分の欠如から起こってきます。 また、老化による肌そのものの機能の衰えからも始まります。 この、肌そのもの機能を回復し、新陳代謝を促す力を持った成分が、プロテオグリカンです。 これは、コラーゲンやヒアルロン酸、グルコサミンなどと一緒に、関節痛のためのサプリメントに配合されている成分です。 抽出方法が、難しく、これまでは非常に高額になってしまうことから、あまり見かけませんでした。 このような、単なる保湿ではなく、肌そのものの機能を修復する成分に注目です。そうすることで、新しい商品を試す時の目安になるし、ひとつの基準になることでしょう。 美容液は、どの化粧品会社も力を入れているアイテムなので、比較的新しい成分を、試しやすいアイテムといえます。

これからどのように進化していくか

たるみは、軽症のうちだと美容液などの化粧品で軽減することができます。 さきほどのプロテオグリカンのような新しい成分もそうですが、ビタミンC誘導体やセラミドなどの保湿・修復成分もやはり、重要です。 これらがどのような状態で、どのくらいの割合で美容液の中に配合されているか、ということが、これからはもっともっと注目されることでしょう。 例えば、たるみやしわに効くイオン導入などは肌にビタミンCを入れ込むのにとても効果的ですが、ビタミンCを安定化させることによって、イオン導入しなくても、肌への浸透率を飛躍的に高める製品が、もう発売されています。 またたるみは、体をあたため、血行を良くして改善する側面がありますので、何かそちらの作用にアプローチする美容液も期待されますね。